2016年1月30日土曜日

のり

午前9時起床。梱包、メールの返信などやる。集荷ののち、吉祥寺へ。JRで中野で下車、作業後、御茶ノ水から歩いて神保町。嵯峨谷で細麺もりのかきあげ。八木書店のち和洋会。金文堂見る。モールにゆき本の整理後、池袋へ。打ち合わせ後、大泉学園経由で帰宅。

このところ、よい味付け海苔を探している。いぜん実家から佐賀の通宝海苔だったか、お歳暮的なものの余り物が緩衝材のように挟み込まれて着ていて、それが美味しかった。次に、広島の山城屋のしじみ醤油海苔が来た。これも良いものだった。最近、銀座の古本市帰りに地方のアンテナショップが集まっている場所に行って、徳島の海苔を買った。これもうまかったのである。
東京に来た際、当初は魚に不満を持っていたが、それはお金がなかったからで、ふつうより少し上のところだとそれなりのものがあることに気づいた。
問題は海苔だったのである。いぜん大阪の方が、東京の味付け海苔文化のなさをそっと嘆いていて、その時は飯を自宅で炊かなかったのでピンとこなかったが、ようやくわかった。バリエーションも少なく、選択することもできない。あの食に関して(私のなかで)凡打がないとされるセブン-イレブンの海苔も、どうも良くない(ちなみに鈴木敏文は長野出身だ)。
もう一度、機を見てアンテナショップに行かなくてはならない。