2016年2月20日土曜日

 大物発送。部屋が広々。積み重ねていた本を展開して値付け。
 現在「調布の古本市」ゆきは縛り70本、木箱8個、ダンボール10箱ぶんほど作成済。あと30本ほどは作らなければならないような気がするが、豆ちゃんの雑貨があり、実質的には売台3台なので、100本+α(3000冊くらい?)は多い気もするし、少ない感触もある。売台を事前偵察しておけばよかった。量の感覚はまったくつかめない。本口は概ね終了。大判と、倉庫にある文庫類を残すのみとなった。木箱もつくらなくてはならない。
 合間に気晴らしも兼ね、月末締め切りの原稿の下書き。だいたい終わる。早く終わらせて「BOOK5」に全力を傾けたい。テープ起こし終り、構成と誌面レイアウトを残す。自分の原稿も大枠が完成。


  食事後、急な眠気で3時間ほど眠ってしまう。起きて「BOOK5」の作業など。
 「調布の古本市」用の本、100本できた……。しかし以前、古本市の車への積み込みや撤収を手伝ったときの感覚からすると、まだ足りないような気がして不安。時間の許すかぎりつくりたい。