2016年2月23日火曜日

納得

 正午頃起床。木箱を組み立てる。どうもうまくゆかず、歪みが生じる。ベニヤを長く保管しすぎたのが原因か。
  部屋にあった本を値付けして整理したら、かなり仕事がしやすくなる。テレビがなくなったので、仕事中音が鳴ることもなくなりスッキリした。
 今日、昔言われた「納得ができない」という言葉を思い出し、そういえばたまに言われる言葉だなと思いいろいろと考える。私自身は納得できないと思うことが少ないので、いつも不思議に思っていた。
 「理にかなっていない」と思うことは多々ある。トマソン社をはじめたのも、端的にいえば理にかなってないと思ったことを変えたいと思ったからだ(そしてそれは今のところ実現できていない。だが500万くらいあれば実現はできそうな安い理想でもある)。突発的に不条理なことに出会うことは運不運でもある。しかし、非合理的なことは改良できることであるので、不服に思う(この考え方は理にかなっていると思う)。
 「納得」というのは、これとはまた違って、感情の問題のような気がする。数少ない私の「納得できない」は、たとえば「ヤマザキの苺大福が近所で売ってない」である。これは需要がないなどの理由から置いていないのであって、理にかなっている。しかし感情としては承服しかねるのだ。他者からはどうでもよいが、本人にとっては大問題、それが納得なのではないか。
 おそらく私は、「納得できない」と言う人に対して、近所で苺大福を売らないようなことをしているのではないかと思う。こう考えるとよくないことだが、その人の苺大福などわかるはずがなく、「納得ができない」と言われてはじめて、その苺大福的存在に気づくのである。言っていただけるのはありがたいことなのだが、あまり言われるとうるさいのも事実である。ちなみに、「言ってくれるのはありがたいことだ」と付け加えられるものは、概して自己満足のことが多く、ありがたくないものでなので、忘れることにしている。