2016年2月24日水曜日

搬入

 午前3時起床。荷造り。
 ハイエースを借り、荷物の積み込み。おいてある場所→車という単純作業であるが、横付けできる店や倉庫と違って距離があり、思いのほか時間がかかり遅刻。予想以上の満載。調布までゆき、搬入する。じつは車での搬入経験は初めてのこと(撤収専門)。じつはこういった催事での店番も、適性なしと判断されたのか(正しい判断である)、一度しか伺うことはなかった。
 設営も含め、時間がかかり他店の方に手を煩わせてしまって強く反省。本当に申し訳ない。「BOOK5」18号で車特集をした際に、藤井さんから初めて参加したときの失敗談を伺っていたが、その失敗談を忠実にリメイクしているような気分で、並べてみると立石さん的なやりくりも散見され、アルバイトをしていた書店のフォーマットを受け継ぐことは宿命なのではないかと感じた。
 『インターネットで古本屋さんやろうよ!』のうさぎ書林さん、せどらーレジェンドのかぴぱら堂さんがいらっしゃって、ネット書店のさきがけの方がこういった催事によく参加なさっていることが、すごく面白い。