2016年2月6日土曜日

神保町

 10時起床。集荷ののち、西荻窪。にわとり文庫、盛林堂とまわる。
 神保町へ。書窓展で残りものをさぐる。ドリルさんの声が聞こえたが帳場に行った際にはすでに不在。残念。八木さんに行こうと思ったが今日は休みか15時までで間に合わず。
 モールへゆき、送っていた2箱開封し詰める。文庫がよく売れるので文庫を充実させていっているのだが、どんどん棚に生気がなくなってゆき、文庫が売れなくなっているのが不思議だ。売れなくても置いておいたほうがいい本はあるが、どうも無意識に100円に落としてしまった様子である。棚に関しては、色のバランスがよければ売れるという仮説を持っているが、今は全体的に色味が薄い感触がある。もう少し濃い目の背表紙の本を配置したい。
 荻窪のささま書店を覗き、買えずに文禄堂へ。よい感じのビジネス書と、杉江由次『サッカーデイズ』、森健『小倉昌男 祈りと経営』、三木一馬『面白ければなんでもあり』など手に取る。5000円。



 久しぶり(一ヶ月ぶりくらい)に本に対する強めの購買意欲が出たので買うことができた。 もう一冊、欲しい本があったが、明日発売のようでなく、Amazonで注文する。



 帰宅し、月末のオリンピック女子サッカー予選にあわせ、自宅テレビでの最安かつ最良の録画方法を調べる(豆ちゃんからの依頼)。HDDに直で録画がよいのではないかと思ったが、現在のJCOMのチューナーは非対応。REGZAも2011年くらいに買ったもので、録画非対応。JCOMチューナーを取り替えてもらわなければならなさそう。
 理想をいえば、チューナーを無線LANに接続、NASに録画し、録画したものをテレビを壁に設置、無線LANで接続して視聴したい(こうすれば配線が最低限で済む……はず)。