2016年4月23日土曜日

正午起床

 正午起床。メール返信。メールの内容は今度出す本の損益分岐点の計算だったが、改めて出してみるとけっこうな迫力で驚いた。かなりギャンブル要素が強く、数字を見て射幸心が煽られる。梱包。ガストへ。食事後、40分ほど滞在。隣は若者だったが、昨日とはまた違ったタイプ(世知辛さを醸し出していた)。読んだ本面白く、ガストも落ち着き、気分が切り替わる。入力作業100点ほど。紙焼き確認終わる。
 青梅街道へ出ると、タバコを持って窓の外に顔を出し、車体を地面に擦りながらぼん、ぼーーーんと音を立てて走り去ってゆく車とすれ違う。来来亭でラーメンと小ライス。うめぼしが美味しい。

買取で入った『めぞん一刻』を少し読む。高橋留美子、23歳〜30歳の作品。 すごいなあ。