2016年4月28日木曜日

漫然と仕事

 午前11時頃起きる。梱包をするか、メールをやるか、出かけるか、の三者択一を決定できず、漫然と仕事。響き渡る同じアパートに住む子供の声を聞きながら、こういうおとなになってはいけないというテレパシー的な念波を送信。日本はモー駄目なので、私と同世代の親は早々に見切り、海外で頑張ってほしいと心の底から思う。結局、OPPの不足分を吉祥寺に買いにゆき仕事欲を満足させる。
  夜、打ち合わせ。さまざま話す。いつも打ち合わせでは不十分になってしまうが、しっかり話ができてスッキリとした。帰宅して別件の仕事を頑張る豆ちゃんを横目に、でんぱ組のPVを観る。ふと思ったが、女性の服(と思われているもの)を男が着る時代がいつか来ると思う。私自身、この頃財布をピンク色のものにした。それは可愛さと合理性(部屋における見つけやすさ)があるからだ。現在は「性」や「性に付随する印象」で区分されているファッションも、そろそろ性そのものと区分されてもいいという傾向が出てもよいのではないか。